施設探し

施設探しについて

 

月々のご予算8万円代からのお住まい探し

長くお住まいになる住宅ですので月々の料金は大事です。しかし、安いだけで必要なサービスが付いていないのでは、ご自宅で生活されるのと変わりありません。

どの程度のサービスが必要かも含めて施設選びをサポートいたします。弊社では、お家賃+共益費+食費で8万円代からの施設をご紹介できます。生活保護を受けられている方もご相談下さい。

※別途、介護度に応じた介護保険自己負担額の他、洗濯代等が施設によって追加される場合がございます。

充実の医療体制~病気予後と感染対策

病気予後とは、進行する病の今後の変化のことです。病気によっては、喀痰の吸引や食事の飲み込みの力が低下し、口からの食事摂取が難しくなり、近い将来胃ろうや24時間点滴が必要になることがあらかじめ予測されるものがあります。病状が進行した際も対応できる施設なのかが施設選択では重要です。

また、進行しない病でも、内服や通院治療を続けている方であれば、継続的に治療を続けて行けるのかは非常に重要です。ある一定の医療処置が必要になった時点で退去を宣告される施設もあります。

どこまでの医療処置を望むのか、病気予後について考えながら施設選びの相談ができるところも、相談員が看護師であるメリットです。

往診医の手配や訪問看護、訪問介護の手配など、施設入居に合わせたサービスも、入居者様・家族様のご要望に沿いながら、施設担当者と打合せしながら進めていきます。

新型コロナウイルスをはじめとした施設内における感染対策は施設選びにおいても重要です。

マスクと手洗い、ソーシャルディスタンスで、概ね沈静化すると思われましたが、変異株の出現で対策が見直されることとなりました。感染対策でどのような制限があるのかも確認しながら入居者様・家族様の意向に沿ったご提案をしていきます。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のサービスを受けられる施設も!
~施設は多様化の時代へ突入~

札幌市内の高齢者向け住宅は700施設を超えます。同じ有料老人ホームでも、ある病気に特化してサービスの質を高めている施設や、リハビリに特化したり、週のうち数日を自宅で過ごし、残りを施設で過ごす、施設サービスと在宅サービスを融合させた小規模多機能型住宅介護というものもあります。

いろいろな選択肢がある中で、入居者様・家族様の希望や心身の状況に合う施設のご提案をしていきます。

自由度の高い環境

有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅は、完全個室のプライベート空間が魅力です。

ご自分独自の飾りつけや家具を持ち込むことができ、その空間で介護サービスも受けることができるのが特徴です。

ご自宅で生活されていた時と同様に、趣味を続けたり、家族との時間を過ごすことも可能です。療養型病院での長期療養は、24時間医師が常駐し、治療を受けられるのがメリットです。

しかし、多床室がメインであるため、プライバシーや自由度が低いのがデメリットです。弊社では、インターネット回線完備、病院同等クラスの医療設備、清潔な住空間、ご兄弟、ご夫婦部屋完備などご希望に沿ったお住まい探しをサポートしています。これから長く過ごされるお住まいですので、病状や心身の状況に合わせたお住まい探しのご相談をお受けいたします。